ブローネ 泡カラー 口コミ

白髪が40歳を過ぎた頃から増え始め・・・

白髪で悩む人は、30代半ばから40代にかけて増えてくるようです。私も、若い頃は自分が白髪で悩むなんて想像もしていませんでした。でも、40歳を過ぎた頃から、段々と白髪が増えてきたのです。最初はやっぱりショックでした。それでも、本数が少ないうちは根元から切ったりしてごまかしていました。でも、髪の分け目や生え際などに白髪が生え始めると、そうもいかなくなってきたのです。

 

白髪が生え始める前も、美容院で時々髪の毛を明るく染めてもらっていました。白髪が目立つようになってからは、それを白髪染め用に変えて染めてもらいました。そうすると白髪は綺麗に染まって、とても嬉しかったのを覚えています。ただ、染めてもらった直後は良いのですが、黒髪だった頃と違い、白髪の場合は頻繁に染める必要が出てきました。新しく生えてきた髪の根元が、白く目立ってしまうからです。目立たないようにするために頻繁に美容院で染めてもらうのは、正直なところ金銭的にもちょっと辛いと思います。

 

そこで私は、自宅で自分で染めてみようと思ったのです。私は髪の量が多く長さもあるので、自分で上手く染められるだろうかと不安もありました。昔、自分でおしゃれ染め用のヘアカラーを使った時に、上手くいかずにムラになってしまったことがあったからです。昔は市販のヘアカラーはクリーム状のものが主だったと思いますが、今は色々なタイプのものがあるんですね。

 

ブローネ

ムース状や泡状のものが使いやすそうだなと思ったので、いくつか試してみました。ムース状や泡状のものは、クリーム状のものに比べて確かに使いやすかったです。

 

ただ髪になじませているうちに、泡が消えてしまうのが気になりました。そんな時に、高島礼子さんのコマーシャルでおなじみのブローネの泡カラーの存在を知ったのです。

 

髪にねっとりとからみつく濃厚泡で、根元までしっかり染まるとうたっています。コマーシャルを見て「これは良さそうだな」と思ったのです。

ブローネ泡カラーで白髪染めをした感想について

40代になってから急激に白髪が増えてきて主人や娘からも白髪が目立つと指摘されるようになったので、ついに白髪染めデビューしました。初めての白髪染めなので自分で簡単に行えるものをドラッグストアで探してみたのですが、一番目についた白髪染めが花王のブローネの泡カラーでした。この白髪染めが良さそうだと思ったのは、泡で髪の毛を包み込むようにするだけなのでクリームタイプの白髪染めよりも簡単そうだと思ったからでした。クリームタイプですといちいち櫛を使って髪の毛全体になじませるという説明書きがされていたので、それよりも手先でそのまま髪の毛になじませる方が断然楽だと考えたのです。

 

早速ブローネ泡カラーを使ってみて、大正解だと思いました。まず容器の中で液体を軽く混ぜたらあとは容器をプッシュすれば泡がたっぷりと出てきますから、1液と2液を混ぜ合わせるという面倒も全くありませんし、そのまま髪の毛に手で伸ばして行くだけです。ですから髪の毛の根元まで満遍なく白髪染めの泡を行き渡らせることができるので、ものの10分もあればセミロングの髪の毛でもしっかり泡で覆い尽くすことができるのがとても良かったです。そのおかげで、染め上がりもムラがなく、髪の毛の分け目をチェックしてみても、しっかり白髪が染まっていることがわかり、すぐにブローネの泡カラーのファンになりました。

 

それ以来、だいたい1ヶ月半に一度の白髪染めは、ずっとブローネの泡カラーを使っています。泡カラーの色の種類もちょっと数えただけでも軽く10種類以上あるので、毎回白髪染めの時にちょっと髪の色を冒険する楽しみもあるところもブローネ泡カラーの魅力だと思っています。またこれ一本でセミロングの髪の毛でも十分の量の泡がたっぷり出て来るので、コスパもすごく良い商品だと感じています。臭いの方も、刺激臭が全く無くて気になりませんし、また髪の毛を染めた後に洗い流したあと使うトリートメントも同梱されていて、これを使って髪の毛をケアするとツルツル輝きのある髪の毛になり、サラサラの手触りになりとても気分が良いです。

 

ブローネ泡カラーは、白髪染めが初めての人にも絶対おすすめの白髪染めです。簡単に使えてしっかり綺麗に染まるので、メリットが多い商品です。いまのところデメリットは全く思いつきません。

思った色にはならなかったけれど...

私は髪の毛が長くて1人では到底染められないので、いつも母親に手伝ってもらって白髪染めをしています。母から「自分は泡が楽だから、選ぶなら泡にした方が良いわよ」と言われていたこともあり、ブローネの泡カラーを選んでみました。

 

私はもともと髪の毛の色が多少茶色いので、割と髪の毛を染めると明るい色になるのですが、正直泡カラーはそこまで思ったような明るい色にはなりませんでした。だいたい白髪染めなどの箱には、「髪の毛が明るい色の人が使うとこんな色に、暗い色の人が使うとこんな色に」のような写真がありますが、私の髪の毛はその写真に載っているほどの色にはなりませんでした。泡カラーには様々な色があり、そこに魅力も感じたのですが、仕上がってみると「なーんだ」という色合いで、少しがっかりしたことを覚えています。ただ、泡カラーもいろいろ試してみれば、もしかしたら多少の色の変化が分かるのかもしれません。また、自分の髪の毛の色は、自分ではそこまで分からないということもあるかもしれません。洗面所の電気に照らされて鏡で見た色と、外で周りが見る色は全然違うでしょうし。もしかしたら、外で周りの人が見たら、イメージにあるような色だったのかもしれません。

 

頭皮のトラブルは特になく、匂いも普通でした。中にはものすごい匂いがする白髪染めもありますが、泡カラーは「まぁこんなもんだろう」と思える程度の匂いだったので、特に気になりませんでした。また、実際に使ってみて、母の言うようにやっぱり泡は楽でいいなと思いました。

 

私は髪の毛は長いのに、量自体は少ないようです。腰くらいまで届く長さなのにも関わらず、髪の毛を染める場合は1箱を十分使い切る程度で間に合います。白髪が目立つ髪の毛の根元には特にしっかりと泡を付けるようにするのですが、それでも頭皮のトラブルは起こりませんでした。また、髪の毛を染めた後はトリートメントなどでケアをしたこともあり、髪の毛が傷んだ、負担があった、ということも感じませんでした。もし気に入った色があるのであれば、使いやすくて髪や頭皮に優しいブローネの泡カラーはおススメだと思います。